女性ホルモンの多い食事をすれば脱毛効果が現れる?


main_top
今すぐチェック

女性ホルモンの多い食事をすれば脱毛効果が現れる?

ムダ毛の多くは両性毛、男性毛という男性ホルモンの影響を反映した毛です。

男性ホルモンの量が多い人ほど、これらのムダ毛が生えやすくなります。

女性でも、男性ホルモンの量が多い人はヒゲが生えることも。

「では逆に体内の女性ホルモン量が増えれば、両性毛や男性毛が生えにくくなるんじゃないの?」と考える方がいるかもしれません。

たしかに女性ホルモンが女性並みに増えれば、ムダ毛が薄くなったり生えにくくなったりするかもしれません。

「だったら女性ホルモンが摂取できる食べものを食べればムダ毛の脱毛効果が現れる?」という1つの仮説が浮かび上がりますね。

しかし残念なことに、女性ホルモンの成分が入った食材はほとんど存在しません。

女性ホルモンは、外部から成分摂取して増やすものではなく、人間の体内で自己生産されるものだからです。

特に女性の性腺の器官で多く生産されます。

また、女性ホルモンの働きに近いといわれているイソフラボン・レソルシル酸ラクトン類・ビタミンEなどを摂取することで、女性ホルモンの美容効果に似た働きを期待できるかもしれません。

それらの成分が多い大豆(イソフラボン)やゴマ(レソルシル酸ラクトン類)、アーモンド(ビタミンE)などをたくさん食べても、人間の体内の女性ホルモン量はほとんど変わりません。

逆に、男性ホルモンの体内量を増やすことは可能と考えられています。

肉類を多く摂取する食生活は、テストステロンを体内で分泌しやすくなり、ムダ毛が生えやすくなる可能性があります。

つまり肉類中心の食事を控えれば、これ以上ムダ毛の量が増えないように予防することはできるかもしれません。

ですが、脱毛効果が生まれるということではありません。

女性ホルモンの体内量を増やすのであれば、お医者さんにホルモン注射をしてもらうと良いでしょう。

ただし、このホルモン注射には副作用が多く、脱毛のためにわざわざ行うことはあまりオススメできません。

以上のように、自分のムダ毛を副作用もなく自然に抑毛することは、今ある技術ではきわめて難しいのです。

電気や光、レーザーのように外部から毛穴奥の組織の働きを弱める物理的な方法が、今のところ最善の方法だと言えます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.