脱毛クリームを愛用している人はココに注意して


main_top
今すぐチェック

脱毛クリームを愛用している人はココに注意して

気軽に自宅でムダ毛のお手入れができるアイテムに、脱毛クリームがあります。

ドラッグストアでも取り扱いがあるため気軽ではありますが、使用するにはいくつか抑えておきたいポイントがあります。

そして脱毛サロンと比較すると、いったいどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておきましょう。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームとは、皮膚に塗ることで生えていた毛を溶かしてしまう働きを持ったものです。

カミソリを使うわけでは無いので、不器用な人でも簡単に使えますよね。

ドラッグストアでもネット通販でも気軽に購入ができ、低価格なのが魅力です。

しかも毛を溶かしてしまうので、カミソリで剃ったときのようにザラザラすることはありません。

肌表面にある古い角質も一緒に分解してくれるので、薬剤を拭き取って洗い流した後は肌がとてもスベスベします。

脱毛サロンと仕上がりを比較

フラッシュ脱毛に比べると、脱毛クリームはその場で毛を無くすことができるというメリットがあります。

その場で毛を無くすことができる電気脱毛と比べても、痛みがなく低価格という点はいいですよね。

しかし、脱毛クリームは一時的なもので、しばらくするとすぐに毛が伸びてきます。

直後はスベスベしているものの、毛が伸びるとチクチクとしてくるのは避けられません。

その点、脱毛サロンの技術は毛根に働きかけるため、毛の再生能力自体も弱くなって毛質もだんだん変わってきます。

自己処理をしたときのあのいやな感触から解放させるので、仕上がりの良さを求めるなら断然脱毛サロンがいいでしょう。

脱毛クリームのココに注意して

脱毛クリームの決定的な欠点は、その強いアルカリ性です。

どんなに美容成分を配合しても、毛を溶かしてしまうアルカリ性の成分の影響は避けられないのです。

毛はケラチンというタンパク質の一種でできていますが、肌の角質にもケラチンが含まれているため、クリームによっていくらか溶けてしまいます。

そのため、肌が弱い人は使うことができません。

肌が強い人は何とも思わないかもしれませんが、それでも生理のときや体力が落ちているとき、皮膚の表面に傷があるときには、クリームの成分によって肌がかぶれてしまう可能性が高いのです。

また、顔やVIOラインなどデリケートな場所にも使えません。

一時的な使用や手の甲などほんの少しだけ使う分にはいいですが、ムダ毛をしっかり処理したいというならあまり向いていないのです。

今では脱毛サロンの価格もかなり下がっているので、長年ムダ毛に悩んでいる人はこの機会に無料カウンセリングを受けて、お手入れ方法のシフトチェンジをしてみましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.