脱毛中の汗対策を考えよう


main_top
今すぐチェック

脱毛中の汗対策を考えよう

新陳代謝には汗をかくことも大事ですが、放置すると臭い放ってしまいます。

特に脱毛中は何かと肌トラブルが起きやすいので、汗にも注意しなくてはいけません。

いったいなぜ汗に注意しなくてはいけないのか、またその対策に付いて考えましょう。

汗の成分とは?

肌が弱い人は、汗をかくとかゆくなる人もいます。

自分の体内から出た汗なのにかゆくなるのは不思議ですが、それは汗に染みだした成分が原因です。

汗には塩化ナトリウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルや尿素が溶けだしています。

肌が弱い人は汗に染みだした尿素やミネラルのせいで、かゆくなってしまうのです。

そして脱毛中は特に肌が敏感になっているので、普段は平気な人もより気を付けないといけないのです。

脱毛後の汗の変化

脱毛後に汗が気になるようになったという人もいます。

これまで汗をせき止めていたムダ毛が無くなったせいで、流れる汗が目立つようになったということも考えられますね。

また、脱毛することにより意識が高まり、気にし過ぎて汗をかきやすくなる人もいます。

脱毛の刺激が汗を出す仕組みに直接刺激を与えるわけではないので、できるだけ気にしないようにしましょう。

汗対策をしよう

汗は無理に止めるものではありませんが、やはり仕事中などはかきたくないものです。

汗対策として一番手軽なのは制汗財剤ですが、スプレータイプは肌に刺激を与える成分が入っていることが多いです。

できれば肌に優しい成分を配合しているロールタイプを使用しましょう。

制汗剤は汗をかく前に使うのが基本で、特に発汗しやすい部分をしっかり乾燥させた上から塗りましょう。

外出先なら汗拭き取り用のウェットティッシュなどを使って軽く拭き、その上から制汗剤を塗ります。

1日に何回か塗りなおせば、仕事が終わるまで快適でいられますね。

また、特に汗かきの人はインナーにも工夫をしましょう。

吸収性と放湿性に優れている素材でできているインナーだと、より涼しく過ごせます。

暑さ対策

暑さ対策をすれば大量の発汗を防ぐこともできますし、熱中症予防にも繋がります。

体温を下げようとして冷たい飲み物を大量に飲もうとする人もいますが、これはNGです。

それよりもアゴの付け根部分や手首、ワキの下など動脈が走っている部分を冷やすことで、全身の皮膚温度を効率的に下げることができます。

このようなコツを抑えておいて、汗をかく季節でも快適に過ごしたいですね。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.