脱毛ができない体質ってあるの?


main_top
今すぐチェック

脱毛ができない体質ってあるの?

妊娠中や生理中、日焼けをした時などどんな人でも脱毛ができなくなる可能性もありますが、元々脱毛には向いていない体質というものもあるんです。

では、いったいどのような体質の人が注意すべきなんでしょうか?

光線過敏症の人は気を付けて

光線過敏症とは、日光に過敏に反応してしまう疾患のことです。

さほど紫外線量の多くない季節でも日光を浴びることは注意すべきですが、同様にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光線にも反応してしまう恐れがあります。

そのためフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、光線過敏症の人の施術ができません。

薬の成分のせいで一時的に光線に過敏になる場合もあるので、薬を服用している人も十分注意が必要です。

光線過敏症の人でも電気脱毛なら施術を受けられる可能性もありますが、非常に痛みや刺激が強い施術なので、医師に相談した上で受けるかどうかを決めましょう。

光線過敏症以外でも重篤な疾患を持っている人は施術中の体調の変化も心配なので、脱毛全般が受けられないことが多いです。

糖尿病、てんかん、ぜんそく、ペースメーカーを装着している人、高血圧などは現代人によく見られる症状ですが、これらに当てはまる人は脱毛施術を断られてしまう可能性が非常に高いです。

アトピー性皮膚炎の人は脱毛できる?

アトピー性皮膚炎でも脱毛ができる可能性もあります。

毛深さに悩んでアトピー性皮膚炎でも無理にカミソリ処理をしている人もいますが、肌をひどく傷つけてしまうだけです。

それよりは思い切ってフラッシュ脱毛をした方がずっと安心です。

ただし、炎症、出血、傷がある場合にはもちろん施術ができません。

念のため、アトピー性皮膚炎の掛かり付けの医師に相談するのも忘れないようにしましょう。

サロンによっては医師の同意書が必要としていることがあるので、事前に確認が必要です。

薬やサプリメントについて

薬やサプリメントに含まれている成分のせいで普段とは異なる肌の状態になり、脱毛の刺激で強く反応してしまうこともあります。

ピルもホルモンバランスを調節するため、脱毛には良くないと言われています。

施術日を避けて飲まないようにすればOKだとする場合もありますが、1日では薬の成分の影響が抜け切れるとも限らないので、数日空ける必要もでてきます。

サプリメント程度だったらいいのですが、持病のための薬なら1日の服用を止めてしまうのも自己判断ですべきではありません。

ですから持病があって投薬治療を続けている人は、まず医師や薬剤師に相談した上で脱毛するかどうかを決めるようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.