脱毛後のすべすべお肌キープにはピーリングが有効?


main_top
今すぐチェック

脱毛後のすべすべお肌キープにはピーリングが有効?

ピーリングを行うと無駄な角質が取れてお肌がツルツルしてくるので、病みつきになります。

しかし脱毛後にピーリングをするのは、ちょっと注意が必要ですよ。

ピーリングのデメリットを知ろう

ピーリングにはケミカル、レーザーなど種類がいくつかありますが、家庭で行うのはケミカルピーリングと呼ばれるものです。

特にフルーツ酸を肌に塗って角質を溶かすケミカルピーリングは人気ですね。

確かにザラザラとした肌をすべすべにする効果はあるのですが、問題は薬品を肌に塗って角質を溶かす工程です。

無理に角質を溶かす訳ですから、肌は剥きだしになって無防備な状態になっています。

肌の弱い人やアフターケアを怠る人では、肌トラブルを誘発していまいます。

ピーリングを避けた方がいい人

ピーリングも正しく行えばクスミ改善に役立つなどいいことがあるのですが、やはり避けた方がいい人もいます。

特に注意したいのは、ピーリング剤でアレルギー反応が出てしまう恐れがある人です。

パッチテストを行って少しでも反応が出たら、やらないようにしましょう。

他にも肌が薄い人や乾燥肌の人も、無理やり角質を剥がすピーリングは向いていません。

そのような人は角質を剥がすのではなく、保湿に専念しましょう。

また、普段の肌質には特に問題が無くても、脱毛直後の肌はデリケートになっているためピーリングに向きません。

脱毛直後はお風呂で肌をゴシゴシ擦るのも禁物なので、ピーリングなんてもってのほかなのです。

ピーリングをするときの注意点

「ピーリングするのも全然問題ない肌質!クスミ改善にぜひやってみたい!」

もしそのように思うなら、細心の注意を払いながら行いましょう。

まず気を付けたいのが、ピーリングをするサイクルです。

頻繁に行ってしまうと肌の正常な角質まで剥がし、火傷のようになってしまいます。

一般的には2週間から4週間に1回するのが丁度いいとされていますが、自分の肌の状態ではもっと開けた方がいいと判断できるなら、1ヶ月以上開けましょう。

薬剤を塗るときには放置時間もしっかりと守って下さい。

また、ピーリング後は脱毛直後と同じ様に肌がデリケートになっていますので、保湿と紫外線対策も重要です。

もちろんピーリングと脱毛を連続して行うのはいけないので、最低でも2週間は開けてから脱毛の予約を入れましょう。

せっかく美肌になるためのケアですから、しっかりと注意点を押さえて実行させたいものですね。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.