脱毛期間中にタトゥーを入れたいけど大丈夫?


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中にタトゥーを入れたいけど大丈夫?

一昔前だとタトゥーはかなり限られた人たちがするものでしたが、最近ではごく普通の人たちがオシャレ感覚でするようになってきましたね。

ムダ毛が気になる女性の間でも、ツルツルになった肌にタトゥーを入れてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、タトゥーは脱毛にどのような影響を与えるのかを考えてみましょう。

脱毛期間中にタトゥーを入れてはダメ!

脱毛と同時進行でタトゥーを検討している人がいるかもしれませんが、あまりオススメはしません。

なぜなら、タトゥーは肌に傷を付けながら色を入れていく作業だからです。

傷が落ち着くまでは個人差もあり、1ヶ月以上かかる人もいるでしょう。

まだ肌が落ち着かない時期では、どんな技術の脱毛でも受けてはいけません。

また、タトゥーは一度入れてしまうと簡単には消せないものです。

入れる前に後悔しないかよく考えるようにしましょう。

タトゥー部分を脱毛できない技術もある

完全に傷も回復した状態なら問題無く脱毛できるのかといえば、そうではありません。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は色素に反応してしまうため、タトゥー部分に照射してしまうと炎症、火傷、激しい痛みの原因になってしまいます。

ですからタトゥー部分はフラッシュ・レーザー脱毛で脱毛できません。

小さなタトゥーならテープなどで保護しながら照射することも可能なんですが、大きさによってはその部位全ての脱毛を断られてしまうこともあります。

例えば足首に入ったデザインのせいでひざ下全部の脱毛を断られてしまうケースですね。

タトゥーお断り!ではないものの、肌トラブルに関してはかなり慎重になるサロンも多いので対応もまちまちになります。

どうしてもタトゥーを入れたいと思っているなら、脱毛が終わってから考えた方が無難ですよ。

ただし、タトゥーを入れた後でもニードル脱毛なら施術ができます。

ニードル脱毛ならタトゥーの色素も気にせず色の入った部分も脱毛できるのですが、毛穴に針を挿す技術なのでものすごく痛いです。

タトゥーを入れた後に脱毛を決意してもいいのですが、ニードル脱毛のデメリットもよく考えた上で決めるようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.