脱毛後の赤み対策はどうしたらいい?


main_top
今すぐチェック

脱毛後の赤み対策はどうしたらいい?

女性の肌はデリケートで、気を付けて脱毛しても荒れてしまうことがあります。

特に脱毛直後は施術の刺激のせいで敏感になっているので、赤みが出やすいんですよね。

そこで、脱毛後の赤み対策はどうしたらいいのかを考えてみましょう。

脱毛後はクールダウンさせよう

そもそも脱毛は肌に光やレーザーを当てたり電気を流したりして行うわけですから、施術直後は熱を帯びた状態になっています。

そこを素早く冷却して肌を落ち着かせなければ、炎症などの肌トラブルのリスクが高まります。

そのために脱毛サロンではアフターケアとして冷却と保湿を行いますよね。

でも、アフターケアは家に帰ってからも続けなければいけません。

お風呂からあがったら保湿をするのも大事ですが、赤み対策として肌の冷却を行いましょう。

施術したばかりの部位は冷たいタオルなどで冷やしてあげれば、安心です。

また、しばらくは肌表面が敏感な状態なので、お風呂で強く擦ったり、熱すぎるお湯に浸かったりしないようにしましょう。

赤みがずっと引かない場合はどうしたらいい?

施術直後は多少赤みがあっても、肌を冷却して落ち着けば次第に引いていくものです。

むしろ施術直後の赤みは正常な変化といってもいいでしょう。

しかし、数日経っても赤みが引かず炎症が起きてしまうこともあります。

そのような場合は脱毛サロンに連絡した後、医療機関にて診てもらって薬を処方してもらうといいでしょう。

脱毛サロンのほとんどは医療機関と提携していますので、肌トラブルがあればその提携先で診察するよう指示してくれます。

たかが赤みと思うかもしれませんが、悪化すれば炎症がおこり、長引けば色素沈着を起こして肌に残ってしまいます。

自分の判断で市販薬を塗ったり、治療を先延ばしにしたりしないようにしましょう。

赤みが出やすいのはどこ?

どんな場所でも脱毛直後は赤みが出やすいですが、特にVIOラインは赤みも出やすいものです。

脱毛後かゆくなって困った!なんて人も多いですね。

脱毛前にはあらかじめ剃っておかないといけないのですが、毛が生えてくる刺激などでもかゆみが生じます。

でもそこで思いっきりかいてしまっては、肌トラブルが起きて次の脱毛もできなくなります。

かゆみも冷やせば落ち着きますが、どうしても我慢できないかゆみは医療機関にて相談し、状況に応じて塗り薬を処方してもらうようにしましょう。

かゆみや赤みが出る時期は限られていますが、その時期に正しい対策を採らないと肌トラブルが起きるので注意しましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.