脱毛の失敗で火傷が起こることってある?


main_top
今すぐチェック

脱毛の失敗で火傷が起こることってある?

ムダ毛のコンプレックスを解消できる脱毛は非常に便利なものですが、その反面リスクも心配です。

特に心配なのが、火傷などの肌トラブルです。

脱毛が失敗してしまうことなんて本当にあるのでしょうか?

フラッシュ脱毛でも火傷のリスクはある?

サロンで行う脱毛技術はほとんどがフラッシュ脱毛で、少数のサロンではニードル脱毛を行っています。

ニードル脱毛は毛穴にニードルと呼ばれる針を刺して電気や超音波を流し、脱毛する方法です。

非常に脱毛効果が高いのですが、その分肌への刺激も強く火傷のリスクが大きいのです。

それに比べるとフラッシュ脱毛は非常にマイルドで安全な方法として知られ、非常に人気が高いです。

ところがそのフラッシュ脱毛でも、注意しないと火傷の恐れがあるのです。

フラッシュ脱毛では光を肌に当てていくのですが、そのときに少々熱を帯びます。

適切な出力で照射していれば問題ありませんが、強い出力で照射してしまったために、火傷するかもしれません。

他にも二重打ちなどスタッフのうっかりミスで火傷する恐れがあります。

また、フラッシュ脱毛の光はメラニン色素に反応するため、ホクロ部分や日焼け、色素沈着を起こしたところが過剰に反応して火傷してしまうことがあります。

もちろんしっかりとスタッフの教育をしているサロンであれば十分な配慮をしていますので、そのような危険性も低くなります。

脱毛してはいけない状態の肌なら施術を断り、肌の状態が改善してから予約を受け付けます。

その判断が甘かったために、肌トラブルが起きてしまうこともあります。

サロンを選ぶときには価格だけではなく、安心して任せられるかも大事なポイントになります。

脱毛後に肌トラブルが起きたらどうする?

サロンでは火傷や肌トラブルが起きないようにホクロ部分には保護シールを貼り、施術後には肌を冷やします。

ところがそれでも肌トラブルは起きてしまうものです。

元々肌が弱かった、出力が適切じゃなかった、アフターケアが十分じゃなかったなど、色々と考えられますね。

火傷を負った場合は、冷やすことが大事ですね。

もし施術後に肌が真っ赤になってヒリヒリするようなら、応急処置で冷やしましょう。

それからサロンに連絡し、医療機関での診察を受けます。

脱毛サロンでは肌トラブルがあったときのために、医療機関と提携しています。

適切な処理をするためにも自己判断で治療するのではなく、サロンの指示を受けながら医療機関で診てもらうようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.