シミや炎症のある部位への脱毛は不可能な場合も!


main_top
今すぐチェック

シミや炎症のある部位への脱毛は不可能な場合も!


脱毛サロンは安全性が高いと言われていますが、肌の状態によっては、施術を行うことで様々なトラブルを引き起こすリスクもあります。

例えば、シミがある肌。

多くの脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛による方法の場合、「毛根に含まれるメラニン色素に反応してムダ毛にダメージを与える」という仕組みでの施術が行われます。

肌に発生する「シミ」というものも、このメラニン色素が集まって起こる色素沈着である場合が大半です。

つまり、シミのある肌に脱毛の施術を行うと、光が誤って肌に反応してしまう恐れがあるのです。

ただし、シミがあっても、その濃さや状態、大きさ、場所等により、施術ができる場合もあります。

まずは状態を確認してもらい、プロのスタッフに判断してもらいましょう。

小さなシミなら、そのシミだけを保護シートなどでカバーし、施術していくこともできるでしょう。

シミがあるから、その部位の脱毛は絶対に不可能、ということは無いので安心してください。

それからもう1つ、脱毛を断られる可能性が非常に高い肌状態が、「炎症を起こした状態」です。

つまり、明らかな赤みやかゆみ、痛みといった症状のある肌、ということですね。

このような肌状態に脱毛の施術を行うと、深刻なトラブルに発展しかねないので注意しましょう。

炎症を起こしている場合には、まずは医療機関を受診し、適切な治療を受けて完治してから、脱毛に臨むと良いですね。

シミや炎症といった肌悩みを抱えた状態で脱毛を受けると、起こりうるリスクが高いのが「火傷」です。

光のエネルギーが肌に集中してしまうことで、火傷を負ってしまうことがあり、後々、大変困ったことになります。

火傷というのは、傷跡が残るリスクも高いものです。

せっかくキレイになるために受ける脱毛で、傷跡が残ってしまうと台無しですよね。

そんな残念な結果にならないためにも、シミや炎症がある場合には、無理せずきちんとスタッフや皮膚科の医師に相談しておきましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.