脱毛後に紫外線を浴びると炎症が起こるかも!


main_top
今すぐチェック

脱毛後に紫外線を浴びると炎症が起こるかも!

脱毛サロンで施術を受ける際に、特に大きな注意点として説明を受けるのが、紫外線に関することですよね。

例えば脱毛前の肌に紫外線を浴びすぎると、日焼けしてしまい、脱毛の施術が行えなくなる可能性があります。

もし施術できたとしても、肌への影響を考慮しての弱いパワーでの施術となるので、効果が得られにくくなるのです。

では、脱毛後に関してはどうでしょうか?

もちろん、脱毛後の紫外線も、肌に大きな悪影響を及ぼす原因となります。

脱毛を受けた後の肌というのは、軽い火傷を負ったような状態で、赤みや火照りが起こっています。

このような状態で強い紫外線を浴びてしまうと、赤みや火照りが悪化し、さらに炎症に発展する可能性もあるのです。

日焼けというのも、軽い火傷のような症状です。

激しく日焼けしてしまった後には、肌がヒリヒリと痛みますよね。

これは、紫外線により肌が火傷したような状態になっているから。

健康な肌にもこのような影響を与えてしまう紫外線を、脱毛後のデリケートなお肌に浴びるのは、大変危険なことなのです。

それからもう1つ、脱毛後に紫外線を浴びるのを避けるべき理由があります。

紫外線を浴びると、肌はメラニン色素を生成し、シミというものを作ります。

脱毛を受けた後のデリケートな状態で紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニン色素が過剰に生成され、シミとして残ってしまう恐れがあるのです。

せっかくムダ毛を無くして、キレイになるために受けた脱毛で、一生ものになってしまうかもしれないシミができるのは残念なことですよね。

それに、紫外線を浴びたことで肌が炎症を起こしてしまえば、次回の脱毛を受けることも難しくなるかもしれません。

このように、脱毛後に浴びる紫外線は、まさに「踏んだり蹴ったり」と言わんばかりの悪影響をもたらしてしまいます。

そんな事態を避けるためにも、脱毛を受ける際には普段よりも徹底して紫外線対策を行い、健やかな肌状態を守るようにしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 京橋@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.